近年インターネットで見放題になるサービスが増えている。例えば日テレが買収したHuluやバンダイチャンネルなどだ。そのサービスのうちのNHKオンデマンドも25年度決算で初の黒字を確保する見通しだ。

NHKオンデマンドは2008年12月よりにサービスを開始した。しかし、権利処理やシステム構築などの経費が収入を大きく上回りずっと赤字であった。しかし、25年度の決算では利用者数増加や権利処理の効率化などより、開始以来初となる1億3000万円の黒字を確保した。このサービスでは月額972円で放送後2週間、約600番組見ることのできる「見逃し見放題パック」などを提供している。

NHKオンデマンド室室長は利用者数増加について、「『あまちゃん』を見たくて入会した方がそのまま会員として定着して他の番組も見るという、追い風効果があった」と話している。

さすがあまちゃんというべきか。放送が終わった後でも多大なる影響を残した。恥ずかしながらあまちゃんは見たことがないがその素晴らしさはとても感じられる。

元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000537-san-ent

画像元:http://shimacahe.com/wp-content/uploads/2013/07/nhk.png

こちらの記事もどうぞ