science-lab-vector_23-2147490982
STAP細胞の不正問題で下村博文文部科学相が理化学研究所が進めているSTAP細胞の検証実験に、小保方晴子・理研研究ユニットリーダーが参加すべきだとの認識を示しました。
下村文科相は「小保方さんが研究の中心的な役割を担ってきたし、本人は200回もSTAP細胞を作ったと言っている。ベストの状態で検証することが重要だ」として小保方さんの参加を支持しています。

確かに研究のことをを一番わかっているのは小保方さんなので、参加するのは筋というような気もしますね。

また、論文不正の認定を受けて、理化学研究所の懲戒委員会は小保方さんの処分を検討しているとのこと。そのことについて下村文科相は「実験への参加と処分は別次元で考えるべきだ。検証参加が、処分軽減を意味することではないと整理すれば、国民も理解しやすい」と話しています。

早急に解決されることを願います。
画像:http://jp.freepik.com/free-vector/science-lab-vector_713661.htm
リンク:http://mainichi.jp/select/news/20140606k0000e040195000c.html