関西が誇る人気テレビ番組「探偵!ナイトスクープ(ABC朝日放送)」。金曜日の深夜番組といえばこの番組を思いつく人がほとんどではないでしょうか。
そんな「ナイトスクープ」の平均視聴率が、昨年の夏ごろから下降しつつあるそうなのです。なぜなのでしょうか?

wlf14062107000007-p1

かつての「ナイトスクープ」の平均視聴率はおよそ19~20%。深夜番組としては非常に高いなあと個人的には感じました。ちなみに、ABCさんはこれまで同番組の視聴率の基準を「20%」に設定してきたようです。番組を製作する人にとってはハードル高いですね……。

しかし、現在の番組の視聴率は14~17%台。たしかに3~6%ほど落ちてしまっていますね。それでもテレビ自体を見る人が減ってきているこのご時世、深夜番組が平均して15%以上の視聴率をたたき出すことは十分素晴らしいと思います。ゴールデンタイムの番組でもなかなかとりづらい数字でしょうし……。テレビの業界って厳しいですね。

さて、比較的まだ高いとはいえ、なぜ「ナイトスクープ」の視聴率は下がってきているのでしょうか?

どうやら原因は、昨年10月に断行された「人事異動」にあるようです。

昨年10月、ナイトスクープは8人いる探偵のうち3人の探偵を同時に交代させるという思い切った人事を実施。しかもその対象になったのは、長年にわたって番組を支えてきた名探偵・桂小枝さん、長原成樹さん、松村邦洋さんでした。代わりに新たに探偵として加入したのはスリムクラブ・真栄田賢さん、ハライチ・澤部佑さん、銀シャリ・橋本直さん。どうやらABCさんは「探偵の若返り」を図ったようです。古参の3人が探偵として行くロケは面白いものばかりでしたし、ファンも多かったと思うので、さすがに思い切りがよすぎたんじゃないかなあと感じました。私としてもこの交代は残念でしたし。

ベテラン探偵がいなくなったことで少なからず番組の質が下がってしまったことが、視聴率の低下につながっていることが分かりました。新加入した探偵さんにいきなりベテラン探偵と同じレベルを要求するのは酷ですし、私としてはこれは仕方がないんじゃないかなあと感じました。今後、新人探偵さんが番組に慣れて成長すれば、視聴率も回復してくることでしょう。

探偵!ナイトスクープは「関西の文化」ともいえる名物番組です。少し視聴率が下がったからと騒ぎ立てる必要は少ないのではないのでしょうか。実は私も、最近は忙しくてなかなか見れていなかったのですが、金曜日の夜更かしには最適の番組だと思っています。私はナイトスクープのあの独特の雰囲気が大好きなので、これからもスタイルを変えずに頑張っていただきたいです。

参考・画像引用記事:お化け番組「探偵!ナイトスクープ」視聴率に陰り…原因は小枝不倫騒動、探偵一挙3人交代だけではない?

アイキャッチ画像はこちらのページからお借りしました。