イカ学者の奥谷喬司氏が書いた著書がタコの悪口だらけだったことがネットで話題になっている。

この本ではイカを優秀とし、タコはダメダメという風に書いてある。

まず、スミの話だ。タコのスミはただの煙幕で、sa-ika-4

イカは自分のダミーで天敵の目を欺き優秀と書かれている。sa-ika-3

次に吸盤だ。タコの吸盤はただの吸盤で、1393464898

イカはカギ型だから優秀。

1393464916

他にも、ジャンプの話や発光の話、泳いでる場所の話など様々な比較があった。

どんだけタコが憎いのかと思わせることばかりだ。しかしこの博士は近年タコも研究しており、タコ博士として有名になっている。

イカについて書いた本でなぜタコの悪口ばかりかいているのか分からないが、これを書くためにタコにそのついてもしっかりと勉強したことがうかがえる。

しかしアンチだったものにはまるなんてそんなこともあるんだなと勉強になりました。

僕はどちらも美味しいので、優秀とかないですね。

元記事:http://itaishinja.com/archives/4102222.html

画像元:http://www.noris.co.jp/diving//i-ika/html

http://www.miyazima-aqua.jp/letter/list.html?id=306