「iPhone 6」との名が噂されている次期アイフォーンは、ディスプレイサイズが現行の4インチよりも大きい4.7インチのモデルと、さらに大きい5.5インチのモデルが準備されている。前者は9月頃に小売店に出荷される見込みで、後者も同様の時期の発売を目指し、生産体制を整えるという。

iPhoneの新型は従来より薄く、丸みを帯びた形になるそう。
しかし、5.5インチのiPhoneは造りが複雑になるため、生産効率が下がってしまうという話も。「量産体制に入る前にアップルは問題を解決しなければならない」とブルームバーグは述べています。
ディスプレイが大きいのは素直に嬉しいですね。7月に量産開始とのことですが、アップルはどのような手を打つのでしょうか?

記事と画像の引用元はこちら

こちらの記事もどうぞ