fig1今大学生らがよく炎上している「Twitter」で学校法人向けに学生のツイートをチェックする民間のモニタリングサービスが登場した。このサービスは炎上する可能性のある投稿が発見されれば、学校側に報告するものだ。

このサービスはソーシャルメディアを扱う「ガイアックス」という東京の会社が提供する「セーフティプログラム for Twitter」で、今月の24日からスタートしており、料金は1件につき月4000円と少し高めだ。

このサービスがどのような仕組みかというと、同社の検索エンジンなどを使い、依頼された学校の学生をプロフィルに校名が明記してあり確認が取れる人物と、在籍している可能性の高い人物に分け一覧を作る。学校側は把握すべき発信者を指定し、投稿された内容から炎上の可能性のレベルを分析し、学校に報告する。今は大学で把握したいという要望が高まっている。

このサービスがあれば学生の炎上が未然に防げるかもしれない。しかし懸念の声も上がっている。神戸大大学院の森教授は「学校側がチェックしてほしいと指定したリストが流出し、調べられている発信者が外部にわかれば学校側が名誉毀損に問われかねない」と危惧する。ほかにも学業以外でのツイートを追跡されることに不快感を感じる学生もいるのではないかという意見もある。

よく炎上とかありますが、これによって本当にわかりませんが、勝手にみられているのは嫌ですね。炎上する人は何をしたら炎上するとかわからないんでしょうかね。炎上しそうな投稿がなくなっていけばいいですね。

元記事:http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/economy/news/140627/ecn14062712120020-s.html

画像元:http://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/249

こちらの記事もどうぞ