a1d2fc1e3a452d7e57b772b776c48cd1
↑こうなる予想が外れました!!!残念です(◞‸◟)

気象庁は10日、天候不順の原因となる「エルニーニョ現象」が秋に発生、冬にかけて続く可能性が高いと発表しました。
当初は夏に発生して今年は冷夏となる予測もあったのです。
しかし予報は一転し、東日本などで平均気温が平年より高くなる見込みだそうです。

気象庁は5月時点で、エルニーニョ現象が本格的な規模で夏に発生する可能性があると予測しました。
発生すると日本の夏はほぼ全国的に気温が低くなる傾向があるため、今年は冷夏との予測もされていましたが、太平洋上で吹いた強い東風の影響で、ペルー沖周辺の水深の深いところにある冷たい海水が海面に上がり、水温上昇が予想より低くなったというとか…。

別に冷夏じゃ無くてもいいので少しでも平均気温さがってほしかったです。もう1度くらい下がるだけでもうれしいので。
私個人としては頑張って熱中症ライフにならないように頑張りたいところです。

あと、エルニーニョ現象が冬に発生すれば、西高東低の気圧配置が緩み、暖冬になる傾向があるそうです。

秋に来ないでほしいとしか言えないです。

元記事&画像:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140710/dst14071022260015-n1.htm
       http://www.情報ブログ.net/1421.html

こちらの記事もどうぞ