2-3のテルマエ・ロマエを見てきました。

 

あらすじは、
時は紀元前753年、ローマに強大な都市国家ができた。そこにはルシウスというテルマエという浴場の設計士がいた。当時ローマではこれを愛しており、多くのテルマエが存在していた。しかし彼は伝統を尊重しており奇抜なアイデアはなく、失敗していた。現代とローマをつなぐ笑いあり涙ありの感動ホットスプリングストーリーとなっています(パンフレット参照)。

 

日本とローマを移動する合間にダンスを踊る四人組が出てくるのですが、その中の1人がおもしろいので必見です。そのほかにもネタ要素が盛り込まれていますので是非とも見に行かれてはいかがでしょうか。

次回は明日9/13午前11:45より視聴覚にて開演されます。

動画は後ほど挿入します。

こちらの記事もどうぞ