アイブリッジが展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”は、20歳以上の全国の男女1800人を対象に、「スマートフォンに関する調査」を実施し、結果を発表した。調査期間は2014年10月4日~2014年10月7日。

【充電が切れて音信不通!? 「旅行のときに忘れやすいもの」って?】

スマートフォンの保有について尋ねると、「スマートフォン(ガラケーも一緒に所有している回答も含め)を所有している」と答えた人は、男女ともに平均約4割だった。男女ともにスマートフォン所有率が一番高い年代は、「20~34歳」で、5割前後。ガラケーだけを所有している人にスマートフォンを保有しない理由を尋ねると、1位は男女ともに「(ガラケーの)月々の支払いが安い」。月々の支払負担が少なければ、スマートフォンに変える可能性があるか尋ねると、半数が「可能性がある」と回答。大画面スマートフォンについて魅力を感じる点と、不便を感じる点・魅力を感じない点を尋ねると、魅力を感じる点の1位は「見やすい(見やすそう)」で約7割。魅力を感じない点については、1位は「持ち運びが不便(不便そう)」で6割近くとなった。スマートフォンを保有している人を対象に、不満を尋ねると、男女ともに1位は「バッテリーの持ちが悪い」、で6割以上だった。2位の「価格が高い」も男女とも半数以上が回答した。

引用元http://woman.mynavi.jp/article/141026-148/view/3/

大画面で無くともスマホの充電は無くなるものです…私がiPhone4sだからかもしれませんが。

こちらの記事もどうぞ