ライフスタイルブランド「KORI-SHOW(こりしょう)」の展示イベントにて、パーカーに定評のある「hatra(ハトラ)」がケイテー・テクシーノと協業した「kotatsu parka」を公開しました。

このこたつには、こたつカバーにパーカーを用いられており、「ネオこたつ」とも称しているそうです。

ネオこたつ

すごく…合理的です…。こたつ×パーカー、そういうのもあるのか!?

この「kotatsu parka」は、デザイナーの長見佳祐、ミキリハッシンの山口壮太、作家のKagari Yusuke(カガリユウスケ)の3名によって企画立案されました。

4着のパーカーを組み合わせたこたつで、パーカーの素材には撥水加工を施したケイテー・テクシーノのテキスタイル「kuronos knit」が使用されています。さらに、ジッパーで繋がっているため、取り外すことでそれぞれ1着の服として着用可能だとか。

このこたつを考案したデザイナーの長見佳祐さんは、「最近の電車の座席のように、ちょっとした凹凸で人と人のパーソナルスペースを確保できる椅子というものに興味を持っています。まだ具体的には何も決まっていませんが、将来的に若者に向けたマッサージチェアを作ってみたいです」とコメント。次のマッサージチェアへの意欲を示しました。

気になる価格はというと、なんと255,000円(税別)。現在受注販売をしています。高スギィ!…いや、こたつにしてはかなり高いが、こたつにパーカーが4着も付いてくると考えるとお得(?)なのかもしれない。

何はともあれ、こんなこたつが家にあったらそのインパクトは凄まじいですね。お金に余裕のある人は買ってみてはどうでしょうか。

参考&画像元:http://www.fashionsnap.com/news/2014-11-04/hatra-kotatsu/

 

 

こちらの記事もどうぞ