本来は二足歩行の人間があえて両手両足を使った「四足走行」で100メートル走を行う大会が11月13日に開催され、名古屋市の高校3年生・玉腰活未さんがギネス世界記録で優勝しました。
玉腰さんの記録は、前記録を1秒01縮める15秒86。2位のいとうさんに大差をつけました。

ちなみに、このいとうけんいちさん。実はこの競技の考案者にして、前ギネス記録の保持者。しかも世界初の「四足最速の人類」です。サルが好きでその歩き方を真似ること11年、得意な走り方は「パタスモンキー型ギャロップ走行」だそうで、まさに四足歩行の開祖。
例年のチャンピオンの記録が塗り替えられる、これはついに世代交代が来たということでしょうか。いとうさんはこの件について「競技の考案者として考えると、若い選手に記録を更新してもらわないと、競技の未来はない。だから喜ばしいことだが、俺も一競技者として優勝したかったってのが本音」とコメント。

そういえばこの人ナイトスクープにも出てましたね。

その他にもTV出演しているので、知ってる人も多いのでは。Wikipediaにはより詳しく経歴が載っています。

画像&参考元:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1411/18/news156.html

こちらの記事もどうぞ