3067629743_edc0f9bb3a_b

by Philip Zeplin

2014年12月24日、ゲーム会社のグランゼーラアイレムソフトウェアエンジニアリングから「絶体絶命都市」、更に今後の新作を含む絶体絶命都市シリーズ作品に関する全世界での販売権・知的財産権を買い取ったことが発表された。

2011年3月14日に発売を予定されていたPS3用ソフト絶体絶命都市4 -Summer Memories-の発売が中止されて以降なんの動きも見せなくなっていた絶体絶命都市シリーズですが、今回のグランゼーラによる版権取得をきっかけに過去シリーズの再販売、新作の開発、そして絶体絶命都市4の発売計画を進めていくとのこと。絶体絶命都市4の新情報発表は2015年秋ごろになるらしい。

元々絶体絶命都市4が発売中止となった理由としては発売予定の3日前の3月11日に起こった東日本大震災への配慮と考えられている。なんせゲームが「災害をテーマにしたサバイバルアクションゲーム」ですから。

これは結構楽しみです。実際プレイしたことはないんですが、実況でよく見たりしているので発売が再開されるのはうれしい限りです。それにしてもだいぶ待たせますね。実際もうゲームは完成品があると思うんですが、何で来年の秋なんでしょう。磨きかけるんですかね。あとちょっと心配なのは新作ですね、アイレムと言えばカオスな選択肢が有名でしたが、開発も完全に変わってしまうのは少し怖いですね。

こちらの記事もどうぞ