あの有名な恐怖バグ

ご存知でしょうか。

 

Fotor_143437758551331 さあ、もうすぐ夏休みが始まるのだ…夏休みが…
そう、夏と言えば、「ぼくのなつやすみ」ですね?ですよね?…

 

ゲームにはよくバグが潜んでいますよね。
しかし、「ぼくの夏休み」には少し恐怖が交じります。
「ボクくん」となって、
8月の1ヶ月間、田舎にある親戚の家で居候する中、魚釣りや虫取り、泳ぐなどの、楽しい夏休みライフを送ることができる
ほのぼのとしたゲームです。

そんなゲーム、意外にも、ある恐怖バグが存在するそうです。といっても結構有名で、今更感ありますが。

今回夏休みが近いということで、夏休み関連のこのネタを紹介します。

 

手順

バグを起こすにはまず、ある操作を行うのだと。バグ内容が気になる方は、飛ばして下さい。

引用 http://toshidensetsuu.com/game/164

タイトル画面から「夏休みの思い出」を選択

クリア済みのファイルをロードして、
「絵日記を読む」を選択

「もどる」にカーソルを合わせたまま上方キーを押す

何も無いところにカーソルが移動、◯ボタンを押して「はい」を選択

 

さあこうして、
8月32日が始まるのだ。

 

8/32になると何が起こるのか?

最初の違和感は、変な静けさから始まります。
ボクくん以外の人たちが、消える。
BGMの再生は止まり、蝉の声が聞こえない。

声や足音は聞こえるのに、姿が見えない。
ドアにも入れませんね…

そしてこのバグは、最高8月36日まで試すことが出来ます。

そう、この日以降から恐怖が訪れます。
日が経つごとに、家族のグラフィックが崩れていくのです。それはもうグチャグチャに。(バグなので。)

そして、絵日記の内容ですが、
見事に文字化けします。まるで気が狂ったような文章が並んでいる。

怪現象体験最後日、遂にフリーズを起こして、このゲームは終了します。

 

ど、どうしてこんなことに…
まさか、
8月と9月の狭間を、彷徨っているのか?
ボクくんは夏休みに、まだ未練を持っているのか!?
いつになったら8月を抜け出せるんだ!?

え…良く分からんよ…
うわあああああああああ…

(ちなみにプレーステーション版以外は修正されてます。)

 

8/32なんて無いんだよ

どうやら、8/32以降のデータは無いため、他のデータが補おうとするためにおかしくなるようです…。

いやーでも、本当に上手い具合に出来たバグです。こんなことってあるんですね。

夏休みは楽しみですが、最終日にこんなことにならないように、充分気をつけたいです。うっかりしてると、また狭間に迷い込んでしまいますからね。

 

◯茶番
それはさておき、ボクは毎日の自分を振り返ろうと、日記をつけようと思っています。
三日坊主にはならずに、とりあえず8月の最後まで目指したいですね…。

 

 

●番外編↓↓


 

千里高校は只今、第二回定期テストが終わった模様です。
第二回は第一回と比べて教科が増えます。一年は生物と化学、家庭科…くらいですかね。

僕はというと、テスト当日には七夕の神様に拝んでました。(お願いしますお願いしますお願いしますお願いしま)
今もこうやって拝んでます。結果が恐ろしい待ち遠しいですね!はい、勉強不足反省してます。
次からがんばるよ!→遊んでしまうパターンへ

まあそれはともかく、夏休みが目の前です。夏だなあ…夏だ…(←どうやらサマーウォーズへの熱が抜けない)
テストも終わったので、サマーウォーズ録画しといたので、もう二回ぐらい見ます。

じゃ、サマーウォーズ見てくるので、これで終わりたいと思います。

 

ではでは。(`・ω・´)ノシ


 

 

ぼくのなつやすみ

参考資料
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1008/12/news059.html

http://togetter.com/li/46554

http://toshidensetsuu.com/game/164

こちらの記事もどうぞ