どうも。
今回、インターネットの全体像について、紹介をしたいと思います。

 


 

 

我々は、普段Google等の検索エンジンを利用して、インターネットを閲覧しています。

ところで、皆さんはインターネットの規模について、考えたことはあるでしょうか。

実は、我々が普段、検索エンジンで検索できるサイト等の規模は、
なんとインターネット全体の1%程度だというのです。

 

○インターネットの裏

インターネットには、検索エンジンのプログラムを拒否しているために、普通は見ることの出来ない領域が、
膨大な量を占めているらしいのです。
この領域を、深層webと呼びます。

対して、検索エンジンにヒットする情報を、表層webと呼びます。

 

○深層Webの規模とは

その規模はハッキリとはしていません。
非公開の情報も少なからず存在するために、全体を観測することは不可能に近いからだといいます。

引用http://sofidia.net/?p=49

英語版ウィキペディアによると「大多数の情報はデータベースにおいて隠されていたり、鍵がかかってアクセスできないのでディープウェブの規模を測定するのは不可能に近い。初期の測定によると、ディープウェブはサーフェイスウェブの400~500倍の規模がある。しかし、日々新たな情報が追加され続けている状況を鑑みれば、ディープウェブは驚くべきスピードで大きくなり続けているだろう。」とある。とにかく、ものすごく大きいことがわかる。

 

○深層Webでは何が起きているのか

さて、こんなにも膨大な深層webですが、
そこには一体、どんなことが起きているのでしょうか。

深層webには、公開されていない論文やデータの他、
いわゆる闇の取引、ウィルスに犯罪依頼など、危険なものが散らばっているらしいです。
このような、闇の領域を、特に「dark Web」と呼びます。

 

最近、ダークwebで発見されたホラーゲームが、話題になっていますね。

2015年夏までは「深層Web」でスカスカだった検索結果が、現在では、まとめサイトなどがそれを席巻しています。

そのゲームの名は、「Sad Satan」。
制作意図は不明。
downloadするや否や、コンピューターウィルスに感染する他、
ゲーム上ではグロ画像が表示される仕様となっていたらしいのですが、
安全なデータ、そして画像の差し替え版が再配布されているらしく、初期に公開されていたプレイ動画とは少し違うものの、
ダークWebの雰囲気を十分と味わえる内容になっているらしいです。

なお、プレイ動画はYouTubeやniconico動画にアップロードされているので、
心臓に自信がある方は、是非見てみては。

 

他にも、不気味な動画、画像などの不気味、恐怖を煽るコンテンツが点在しているそうです。

また、ダークWebは、犯罪の温床ともいうことが出来そう。
ドラッグや銃の、ビットコインでの取引、
更には、殺人依頼の例もあるそうです。

 

一方、ダークWebを歩いた投稿者の記述では、こんなものを見つけました。

引用http://asobinews.com/introducing-dark-web/

実際ダークウェブは負の側面を強調されて報道されることが多い。もちろん、匿名性や秘匿性をフル活用して悪いことをやっている人も沢山いるのは事実。

だけど、そうではない一般的な情報も意外に多いような印象。追尾型広告に代表されるように、今の表のインターネットの利用履歴はほとんど全てが監視されているようなものなので、そういった状況に反対する人たちが、このダークウェブを活用している、という印象を受けた。

そんなに悪いものばかりではない、ということでしょうか。まだまだ謎が深いですね。

 

○深層Webに行くには?

深層Webへアクセスする際は、ダークWebでのウィルス感染、違法画像downloadなどに十分注意することが大切です。
誰もが犯罪を犯せる可能性があるそうですからね。恐ろしや…

方法ですが、Torというブラウザが存在します。
アクセスした痕跡を残さないので、パソコン遠隔操作の犯人も、これを使っていたとか。

引用http://nikkan-spa.jp/963357

だが、Torを使った犯罪は、昨今それほど“安全”ではなくなってきている。なぜなら、FBI(米国連邦捜査局)やユーロポール(欧州刑事警察機構)といった法執行機関が共同で、’13年にダークウェブの一斉取り締まりを行った。この際、代表的な闇市場サイト「シルクロード」の管理者など17人を逮捕。既に、Torの安全神話は崩れているのだ。

 警察などの法執行機関も手をこまねいているわけではない。覗くだけならいいが、自らが犯罪に手を染めてはいけない。

え、Torはどこかって?
僕はそこら辺分からないので、興味があったら探してみては。

こちらの記事もどうぞ