狼蘭です。

と云うわけで、今回のこのシリーズ

前回予告しました「痙攣的-モンド氏の逆説-」(鳥飼否宇著)を紹介しようと思います。

バックナンバーはこちらにどうぞ

k2

 

k

 

 

○作者について

前回の記事をご参照ください

 

○作品について

2005年 光文社出版

2007年 光文社文庫出版

「綾鹿市シリーズ」第三作目

雑誌、「ジャーロ」で連載されていた。

 

○あらすじ

「廃墟と青空」 「闇の舞踏会」 「神の鞭」 「電子美学」 「人間解体」 の5章からなる。

「廃墟と青空」

伝説といわれる「鉄拳」というバンドにまつわる殺人事件について、ライター「相田彰(あいだあきら)」が本を出したが、

美術評論家の「寒蝉主水(ひぐらしモンド)」が異を唱え、バーで意見を戦わせる。

相田彰の推理はことごとく打ち砕かれ、最後には驚きの結末が!

「闇の舞踏会」

4人のアーティストが洋館でパフォーマンスのリハーサルを行っていた。

そこに招待されていた「寒蝉主水」と「会田昶(あいだあきら)」。

パフォーマンスを鑑賞し、パーティーをやっている最中に殺人が起きて……。

「神の鞭」

「栗須賀零流」というパフォーマーがショーをするというので見に来た「寒蝉主水」。

そこにはなぜか気象学者の「英田暁(あいだあきら)」も来ていた。

パフォーマンスを見ている最中に殺人事件と事故に会い、三途の川にたどりついた「寒蝉主水」は……。

「電子美学」

人間のインターンフェースとしてイカを研究している「綾鹿市イカ研究所」

そこで開発された装置「スクィズ」を体験する所長の「愛田亮(あいだあきら)」と4人の被験者達。

装置の真ん中には、モンゴウイカの「モンド氏」が泳ぎ、そして殺人が……。

「人間解体」

モンゴウイカの「モンド氏」と、新種の知能を持つイカ「クラウス殿下(学名Aida aquirax)」。

彼らは人間の研究材料にされているが、実はそれを利用し人間の研究をしていた。

研究所内で起こった殺人に乗じて、彼らは人間の「美しい」と云う感覚を体感する。

 

○感想

前3章は、「寒蝉主水」の体験談かな……と思っていたのだが、

「あいだあきら」という存在がちょっと気になっていた。

しかし、後2章は「いかがなものか」と思うぐらい、いかもののテイスト。

この作品を一言で言うなら、「イカ」しかないような、そんな奇抜なミステリ。

しかし、作品全体を「美」という観念が貫いていて、ロック好きの作者の考えがよくあらわれていると思う。

現実と幻想が絡み合って、どこからが現実が分からないような、

グロテスクで、狂気に満ち溢れているけれど美しい、そんな作品だった。

 

ちょっと相棒と通じてるところがあるんですよねー。イカがイカしてイカするところとか。

とにかく、もうイカのイメージが強い作品です。

生臭い臭いが漂ってきそうな、そんな作品ですので是非読んでみてください!

 

参考元:http://honto.jp/ebook/pd_10142828.html

http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/book/keirenteki.html(ネタバレ注意)

 

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い