k1

 

by David Yu

 

雨と雲を司る神、『シムチャッカ』 死と嘆きを司る神、『グドミアノ』 沼を司る神、『フィモット』

戦いと守護を司る神、『テレペウト』 音楽を司る神『ラマリリア』、風を司る神、『ピチュ』

そして、神と人間のあいだ―「箜(クウ)」と呼ばれる存在である、『リュイ』・・・・・・。

これは、神々の日常の記録。

 

今回紹介するのは、「神々の午睡(ひるね」(あさのあつこ著)です。

k2学研パブリッシング

中心:リュイ 右上:シムチャッカ 右中央:ピチュ 右下:ラマリリア(右) テレペウト(左)

左上:フィモット 左中央:グドミアノ 左下:大神

 

○作者について

あさのあつこ(1954年~)

1997年、『バッテリー』で「野間児童文学賞」を受賞、その後デビュー。

1999年、『バッテリー2』で「日本児童文学者協会賞」を受賞。

2005年、『バッテリー』全六巻で「小学館児童出版文化賞」を受賞。

 

人気作品に、『NO.6』 『THE MANZAI』 『一年四組の窓から』 『ミヤマ物語』など。

児童文学だけでなく、『弥勒の月』などの時代小説も出版。

 

 

○作品について

2009年、学習研究社より出版。表紙、挿絵は「CLAMP」が描く。

・構成

神々のための序説
リュイとシムチャッカの話
グドミアノと土蛙の話
カスファィニアの笛
盗賊たちの晩餐
テレペウトの剣
終わりと始まり
神のための終章

 

2013年に、続編『神々と目覚めの物語』が出版されている

 

 

○あらすじ

この世界では、「神」、「人間」、そして、神と人間のあいだのそんざい、「箜」が共存している。

「神」は人間に恩恵をもたらし、「人間」は神をあがめ、「箜」は神になろうと努力をする。

そんな、三者三様の生き様の中で、それぞれが苦悩し、幸福を感じ、友情をはぐくみ・・・・・・。

昔々、「神」が人間と共存していた頃の世界のお話。

 

 

○感想

児童向けの本なのだけれど、どの年齢層でも楽しめる話であると思う。

神話をモチーフにした話で、どこか空々しい感じはするけれど、その幻想に酔うとまた楽しい。

いつの間にか、意識が太古に向かい、神を目の当たりにしているような恍惚感・・・・・・狂ってない、大丈夫。

神であっても、ドジは踏むし、恋に身を焦がすし、自分を犠牲にしてまで人間を助けるし、やはり人間と同じなのだ。

神という存在を信じていなくても、ファンタジーとして楽しめる、そんな作品だった。

 

確か小学生の頃、あさのあつこ先生の講演を聴きに行ったとき、新発売としてこの作品が取り上げられていた。

そういう本との出会いは、やはり読むと思い出されるものなのである

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い