プロ棋士とコンピューターが団体戦で将棋をする電王戦。その3戦目が4月12日に東京都渋谷区の将棋会館で行われた。5対5の団体戦の末、棋士側が1勝4敗し、完敗するという結果になった。
第1回は1敗、第2回は1勝3敗1引き分けという結果と合わせると、通算で棋士側が2勝8敗1引き分けで、コンピューター側が勝ち越している。

20140413-225421.jpg
ソフトウェア『Ponanza』に敗北した屋敷伸之九段は「どのソフトもレベルが上がり、厳しい結果になりました」と語っている。
また、この結果にドワンゴの川上量生会長は「コンピューター側の勝ち逃げというわけにはいかない」、「(森内俊之竜王・名人、羽生善治3冠、渡辺明2冠の)タイトルホルダーの出場に十分な環境をつくれるなら、ぜひ実現させたい」と第4回への意気込みを語った。
コンピューターの思考が人間を上回るようになった昨今、プロ棋士は勝つことが出来るのか。第4回があれば注目していきたい。
電王戦ホームページ:http://ex.nicovideo.jp/denou/
写真元:http://www.shogi.or.jp/topics/2014/04/post-974.html

投稿者: KIリュウ

KIリュウだ!TRPGをするぞ!遊戯王もするぞ!三年だ!二年?なんのこったよ(すっとぼけ)