「竜とそばかすの姫」は理想の細田守まであと1センチ、彼の信じる醜さと美しさ、そして独特の価値観の物語とは?

これまで細田守監督作品は全部見ているが、正直、「サマーウォーズ」よりあとの、細田守監督自身が脚本をメインで書くようになってからは「うーん?」という感じになり、特に「未来のミライ」にいたっては「めちゃくちゃだぜ!」とまで感 …