連載小説「神よ、我を救いたまえ」 ①「7日 大いなる神は」

by paul bica   人間たちが認識できるセカイと言うのは、一つしかない。セカイ、というものは数百個あるのだが、全てを見ることは絶対に不可能だ。そういう私も、未だかつて3つしか見たことがない。そして今、 …

連載小説「神よ、我を救いたまえ」 ②「6日 一通の手紙~一の国~」

by Eelke de Blouw   彼らは、不思議な生き物だ。 この世に生きている全ての生き物は、神によって決められた寿命を持っている。そして、その寿命をまっとうすれば死んでいく。この事実は不変で、確実なこ …

【屍鬼】日本文学奇書に挑戦!【第五十回】

by coincoyote   「村は死によって包囲されている」 外界からほぼ閉ざされた地、それが外場。 その村で起こった、奇妙な事件。 一台のトラックを皮きりに、来る日も来る日もどこかで葬式が行われる。 医者 …