これは

 ワンダーフォーゲル活動記録「ポンポン山」山登り編 の 続きでございます。

頂上に着き、時間の微妙さに気づきました。

時間は昼前、しかし次に昼を食べれそうなところは、時間的にも昼を超えてしまいます。

結局、頂上で昼ご飯を食べることになりました。空が綺麗ですね、そして鳥のさえずりと         ・・・アブの羽音。

さすが山の中、虫も多いですね。

そして、ごはんを食べ終わるとすぐに山下りです。今度はまず本山寺というところを目指します。昔はそっちの方から登ったことがあるんですよね〜。(覚えてないけど)

やはり、昼あたりだからか、登山客の方々も多くなってきております。

そして、寺へ行く前に、地図で「天狗杉」と示された。大きな杉を見かけました。大きすぎて写真では上まで見えませんね。


さらに山を下っていきます。下の方の道登りと比べるとは楽な方ですね。あと、坂道に設置された階段が土が流されたのか杭と板だけになって階段の役割がなくなっていたり・・・。

本山寺に到着しました。

お参りなどはせずスルー。

ここからはまた道路が舗装されています。

しばらく歩いたところで鳥居らしきものが見えました。よく見かける鳥居とは何か違いますが。なにやら縄らしきものに草のようなものが吊るされています。


説明書きの看板があるので見に行ってみましょう。

説明を見るとこれは『勧請掛け』といい、縄に吊るした12本の樒(しきみ)の長短によりその年の豊作、良作を占うそうです。

そしてさらに山を下るとまた、勧請掛けがありました。今度のは、神峰山寺の勧請掛けです。

そして、しばらく進むと、道の右上の方で工事をしていました。どうやら新名神高速道路の工事らしいです。

暮らしが便利になるのはいいですが自然が少しずつ減っていくのは、何か寂しい気もしますね。

その後、何事もないままバス停まで歩き、道中、ジュースを買い、バスに乗り、JR高槻駅にて解散しました。

皆さん、お疲れ様でした‼︎

こちらの記事もどうぞ