このバスは、ただのバスとは違います。
最高時速250キロ、今までにない形のバス―スーパーバス―が電車などに変わる日が近いかもしれません。



これが、元宇宙飛行士のウッボ・オッケルス氏が開発を率いる近未来型のバス―スーパーバス―です。

時速250キロで専用の道路を走行する想定ですが、一般道を一般車と同じスピードで走行することも可能です。
さらに、車体の高さも自由に変えられます。時速250キロの高速走行時には地上7センチ、一般走行時は43センチの高さをとれるようになっています。

ウッボ・オッケルス氏は、5年以内の実用化を目指しているそうです。

全長は15メートル。動力は電気です。



感想 まさしく近未来の車。という感じがしますね。しかし、万一の事故のときに被害も多そうですね。

参考http://www.cnn.co.jp/business/30004730.html

こちらの記事もどうぞ