どうも、狼蘭です。

今回から、少し連載的なものを始めようかと思いまして。

その名も「日本三大奇書に挑戦!」です。

名前の通り、日本三大奇書について、自分が読んだ感想、歴史その他を紹介しようと。

もちろん、ネタバレはなしですよ。

 

まず、日本三大奇書とは?

ドグラ・マグラ(夢野久作著)、虚無への供物(塔晶夫著)、黒死館殺人事件(小栗虫太郎著)、

の三つのミステリを称していう名称です。

中国三大奇書(水滸伝、三国志、西遊記)をモチーフに、推理小説の「三大奇書」を言います。

最近では、これに匣の中の失楽(竹本健治著)を入れて「日本四大奇書」ともいうそうですね。

 

さてさて、第一回「ドグラ・マグラ」について語りましょう!

dogura

 

magura

 

注;表紙がなんだかアレですが、中身はそんなんじゃないんで……。れっきとした推理小説です。

yahoo知恵袋でも、同様の質問がありますので、詳しくはこちらを参照してください。

 

作者の夢野久作氏は、1889年生まれ。ドグラ・マグラは1935年に刊行されました。

なんと、構想、執筆に10年もかけた、超大作となっています。

発表時はあまりの奇抜さに、文壇も評価をあたえなかったのですが、死後、この作風に心酔する読者が出て、

「東西ミステリベスト100 国内編」で1985年時6位、2012年時4位と上位を記録。

また、1988年に、松本俊夫氏監督で映画化しており、2004年にDVD化もされています。

出演者に落語家の桂枝雀氏がいます。

ですが、なかなか手に入れるのが難しくなっており……。

見たいという方、是非是非探してみてください。

 

内容を一言でいえば、「精神病患者が書いた推理小説」

「読んだ人が一度は精神に異常をきたす」なんていわれるほど、中身は濃く、時に迷亭していて、追いつくのに一苦労。

大筋は、旧家の殺人事件を解き明かす、というものなんですが、

間間に大学教授の論文やら、中国の絵巻物やら、精神病についての考察やら、お経やら、もうごったで……。

一度じゃとても理解できませんでした。

本当にこれはミステリなのか?と疑わしいぐらいの、奇抜すぎる謎解き、

その真相は読んでのお楽しみです。

 

読んだことがなくて、「読みたい!」というかた、是非是非どうぞ。

ただ、よっぽど物語にはまるかしないかぎり、途中でわけがわからなくなってしまうこと必至。

しかし、ラストに衝撃の場面があるので、いつかは、一度投げ出しても二度でも三度でも挑戦してみてください!

まあ、読み終わっても精神に異常をきたす、ことはないと思われます……たぶん。

自分はまともですよ。ええ、まともですとも。

 

今は、「虚無への供物」を読書中。

読み終われば第二回を更新しますので、もうしばらくお待ちを……。

 

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%A9

http://ebookstore.sony.jp/stc/special/news/tozaimystery_j/

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%A9-%E4%B8%8A-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%A2%E9%87%8E-%E4%B9%85%E4%BD%9C/dp/4041366038