11月28日~12月3日、4泊6日でオーストラリアへ研修旅行へ行ってきました。

二年生国際文化科160人弱が、関西国際空港の北広場へ集合。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただいま夜の6時でございます。外なので寒い。旅の注意を受けながら、震えている生徒。

 

ここから、荷物を預け、チケットを受け取り、荷物検査を受け、出国審査をし云々。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

8時ごろには、飛行機へ搭乗。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

航空会社はジェットスター。

キャビンアテンダントさんが外国人で、戸惑う生徒たち。

 

機内食は、ヌードルとビーフと選べます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヌードルという名の焼うどん。とパンとイチゴアイスクリーム。なかなかおいしい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビーフ。皆お米に別れを告げて食べてました。

 

約8時間のフライト、しかも夜中なので、皆睡眠体制に入る。

私は寝れませんでした。なのでこんな場面をぱしゃりと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤道を越す瞬間。オーストラリアまであと4時間。

 

そのうちに、夜が明けてきてしまう。ああ、一睡もしていないのに……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日。なかなか幻想的。翼が入ってしまってちょっと残念。

 

朝の6時ごろ(現地時間)にオーストラリアに足を下す。

半そでに着替えて、入国審査。空港職員が、日本語をしゃべっていてびっくり。

そこからバスに乗って、現地の高校へと向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスからの風景。海がとてもきれい。ちなみにここクイーンズランド州です。

 

途中でスーパーマーケットによって、水、食料品もろもろを買う。

レジがセルフで戸惑う。ハイテクですなあ。

 

学校に行く前に、「先生がどうしても行きたがっていた」(噂)の『ポイント・デンジャー』へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな塀が。

ここは、ちょうど州と州の境目で、しかもその2つの州は、1時間の時差があるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色が違うところが、境界線です。

 

ここでクラス写真を撮り、しばし海を眺める。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝の7時ごろだというのに、泳いでいる人がいました。オーストラリアの人は朝が早い。

 

そこから車で走り、交流をするマイアミハイスクールに到着。

ガイドさん曰く、ペリーが作った高校だそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな看板が。かなりの高待遇だ。

一つの高校に、二クラス。あとの二クラスは、ロビーナ・ハイスクールへ。

 

そこから4つのグループに分かれて、ビーチで遊んだり、日本の遊びを教えてあげたり、オーストラリアの英語を学んだり。

皆13歳でした。それでも大人っぽい。日本語を学んでいるようで、私のバディはたまごっちが好きだそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講堂の壁には、こんな旗がかかってました。

校章がさすが南国、みたいな。

日本の事を教えたり、オーストラリアの高校生の感覚をしれたり、とても勉強になりました。

絵を描いていたら、「great artist」って言われたり……いやはや。

 

そこから、公民館みたいなところへ全員集合。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここでホームステイの説明を聞き、ホスト・ファミリーとの対面をします。

初めてのホームステイ、皆ざわつく。

二人一組、もしくは三人一組で、一つの家族にホームステイします。

一組ずつ呼ばれ、ホームステイと対面。

私たちは全然呼ばれず、ドキドキしっぱなし。

やっと呼ばれたころには、もう5時近いころでした。

 

ホストファミリーの車に乗り込み、家へ向かう。

家に着いたら……あれ、な、なんなんだこれは!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリスマス仕様! 家が明るい!

お父さんが、現在進行形で飾り付けを頑張っていました。

 

さて、一日目は、夕食を頂く。

一日目の夕食:マッシュポテト・トマトソースミンチ入り・キャベツの千切り・ペプシ

17歳のお兄さんと、18歳のお姉さんと、お母さんと、お父さん。それから犬のリリィ。

日本の事をいろいろ聞かれ、タジタジになりながらもなんとか英語で返答。

お土産の手ぬぐいとボールペンを渡すと、とても喜んでくれました。

 

そして、夜8時ごろ、お姉さんとお母さんで、世界遺産のゴンドワナ多雨林へ。

ここで、「grow warm」が見られるよ、と言われ、車で出かける。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

明かりもないような、暗い山。一応遊歩道みたいなものはあるものの、たまにがけ下に落ちそうになる。

カエルがなく洞窟の中で見たものが、これ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっと見にくいですが、暗闇の中で光っている小さな点。

まるで星のような、grow warm。土ボタルの一種らしいです。

結構有名らしく、中国人や、日本人の団体もやってきていました。

 

そこから、シャワーを浴び、ベッドに倒れ込んで爆睡。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二段ベッドの部屋。結構広かった。

 

二日目は、10時ごろ起床。

二日目の朝食:トースト、コーヒー。

 

そこから、ショッピングモールに行き、お土産や服を物色。

日本のように、一つのビルにあるわけではなく、広大な敷地に一軒ずつ店がたっている状態。

さすが土地があるオーストラリア。

 

3時ごろに家に戻り、昼食とも夕食ともつかないご飯を食べる。

二日目の夕食?:バーベキュー(チキン、ソーセージ、ビーフ)、キャベツの千切り。

オーストラリアでは、土日はお父さんが料理をするそうです。

そして、夜になり、お母さんと犬とともに散歩。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

街中がライトアップしていて、まるで光の道みたい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他人の家の前で写真をぱしゃり。

後ろのはよくあるバルーンです。いや、個人でやるのってすごい。

 

そして、シャワーを浴びて寝る。

 

三日目、9時起き。

三日目の朝食:バナナパンケーキ、コーヒー。

 

朝から、オーストラリア最大のマーケット(蚤の市みたいな)へ。

日曜日とあって、大勢の人が。

アボリジニの伝統工芸を売るお店だったり、日本のアニメフィギュアを売る店だったり、コスプレを売る店だったり、仏像を売る店だったり……。

雑多とした中で、いろいろ掘り出し物があって、さすが多人種のオーストラリアだな、と思いました。

 

そして家に帰り、昼食を食べる。

三日目の昼食:パスタ、キャベツの千切り

 

そして、ホストファミリーとお別れ。

皆さん涙の別れで、バスへと乗り込む。

 

さあ、続きはweb後半byCENLIでどうぞ~

 

こちらの記事もどうぞ