前回:http://ins-magazine.net/20141228_news37293_masterspark_07/

年明けましたが、ハワイ記事です。ええ。ハワイですとも。

DSC00402

国立公園を出て、またこんな感じの美しい景色を見ながら約15分。

DSC00404

キラウェアの火口の一つが見える、ジャガーミュージアムに到着。数年前まではこの火口の周りを歩いて回ることもできたらしいが、現在はこの火口から上がる雲に含まれているガラスが降ってきて危ないので歩けないとのこと。

DSC00410

降ってくるガラスの一部を見せてもらった。
これは『ペレの髪』と呼ばれており、やはり持って帰ったら祟られるとのこと。

ミュージアムを見学し、(写真はないです。撮影できるとは思わなかった←)昼食を摂る、ビジターセンターまで移動。

DSC00411

昼食はSUBWAY。もしかしたらハワイで食べたもので一番おいしかったかも←

そして本日のメインイベント、キラウェアイキのトレッキングへ。

DSC00422

到着。

DSC00417

これだけ見るとよくわからないが、中央付近に注目。

DSC00418

拡大してやっと見えるが、人がいる。これでいかにこの火口が大きいか分かっていただけただろうか?

つまり、まず火口に降りる必要がある。

DSC00427

火口を横目に

DSC00425

熱帯雨林を抜け、

DSC00438

大きく迂回して火口に到着。

DSC00483

黒い大地に大きなひび割れ。

DSC00485

未だ水蒸気を噴き上げるところもある。

DSC00511

そんな過酷なところでも健気に咲く花はある。生命の神秘。

約1時間半歩いてバスまで戻り、そこから更に1時間。
有名菓子店、BIG ISLAND CANDYSへ

DSC00531

(中の画像は)無いです。取り忘れた←

そしてホテルに帰還。すぐに夕食。

DSC00540

DSC00541

DSC00542

DSC00543

DSC00532

DSC00533

DSC00534

DSC00535

DSC00536

DSC00537

DSC00538

DSC00539

メニューはそれほど変わらない。

ちなみに、

DSC00546

食後にマカデミアナッツチョコが配布された。

次回:http://ins-magazine.net/?p=37795