前の記事

2年前ぐらいまでは大阪新阪急ホテルのレストラン「オリンピア」のバイキングが多かったのだが、いろいろな違う店に行くたびにその格差(ほかの店の方が安い&うまい&早い)という現実に直面、その度に「オリンピアとはなんだったのか?」という言葉を発するのが習慣付いているわけなのだけれども、今回はなんばパークス7階の「LUXIOUS(ラグシャス)」に決定。

すごい量

店の奥へ

我々が一般人ではないことを悟られてしまったのか、店の一番奥にある個室というかVIPルームというか綺羅星十字団総会会場みたいなところへ案内されてしまった。

これはアヤシイ、怪しすぎる。明らかに一般人とは違うオーラを漂わせているし、陰謀が話し合われているに違いない。「クク、やつは我々の中でもまだまだ格下……」とか「貴様!銀河美少年かーッ!!」ぐらいのことを叫んでも誰も不思議に思わないどころかむしろそれが当たり前という空気と雰囲気。

なんだこのシャンデリア、壊したらアイテムが出てきそう

イスも他のイスと明らかに違う空気を感じる。これに座ることができるのはボスか幹部クラス、間違いない。

食事はこんな感じ

デザートいっぱい

左は失敗したエスプレッソ。ミルクが切れていたのでおねーさんが成功したエスプレッソを持ってきてくれました。バイキングなのにサービスがいいのは好感度大。

バイキングはここから選ぶわけだけれども、ビーフシチューとか目の前で作ってくれるクレープとか、パスタとか、ピザとか、サラダとか、もう考えられる限りいろいろなものが出てきてかなりグッド。

右に見えるのはチーズリゾット、これはアタリ。

なんかいろいろあって気に入りました。かなりOKな感じ。

まだまだつづく

投稿者: そうすい

ins-magazine.netとins-magazine.orgの管理人。やることいっぱいでいつも大忙し。