風邪薬から覚醒剤作ろうとして失敗・爆発、2人負傷=重慶 サーチナ

重慶市長寿区で11月、男3人が風邪薬から合成覚醒剤(かくせいざい)のメタンフェタミンを合成しようとして失敗し、爆発事故を起こしたことが分かった。重慶商報が報じた。

爆発で、2人が顔などに大やけどを負った。家族や治療を受けた病院には「工事現場で、建設用機械の燃料が漏れて爆発した」と説明していた。

3人はその後、四川省成都市で違法薬物を入手し、密売した。交通警察官が通行車両の検査をしていた際に、タクシーの乗客の様子がおかしいことに 気づき、調べた結果、薬物を使用していることが分かった。同乗客の自供にもとづき捜査した結果、違法薬物の販売ルートが発覚。容疑者の身柄を拘束して取り 調べた結果、「爆発事故」を起こしていたことが判明したという。

3人は、インターネットに掲載されていた「風邪薬からメタンフェタミンを作る方法」を見て、自分たちで合成しようとした。成都市からのルートで仕入れた違法薬物を密売して得た金で、改めてメタンフェタミンを合成しようと準備していたという。(編集担当:如月隼人)

中国で爆発したもの

石油工場 爆竹工場 プラスチック工場 ガス管 タクシー 石油パイプライン 炭鉱 飛行機 バス 爆竹工場

ここまではまぁありがちと思うのですが

ネカフェ 椅子 IH調理器 テレビ 冷蔵庫 圧力鍋 ゆたんぽ 携帯 温水便座 道路 肥溜め 湯沸かし器  UFO 教習車 タイヤ マンション 偽iPod 電車の電源BOX

そして風邪薬

何でも爆発しますね・・・