どうも、25kuriyaです。
魔法少女まどか☆マギカ9話。しっかりこの目で見てきました。
正直、展開がかなり速かったという印象がありました。
そして、物語はどんどん進展していく。
まどかは変身しないまま・・・

=====ここから反転でネタバレ!!=====

9話の始まりは、さやかが魔女化したところから。
杏子がそれを助けに行こうとするが、ほむらが現れ、一度引くことに。
杏子はさやかを諦めなかった。そのときQBは、
「さやかを復活させることができるかどうかはわからない。」
「魔法少女の力は計り知れないからね。」と言う。(曖昧な記憶なんで、要約です。申し訳ない。)
そう聞いた杏子はまどかを連れて、魔女さやかの元へ行き、さやかを助けようとする。
杏子はまどかに、「さやかに話しかけるように」と言う。
しかし、いくらまどかが話を続けても、魔女は耳を傾けず、杏子に攻撃を仕掛け続ける。
圧倒される杏子。そしてそこにはやはりほむらが現れる。
杏子はまどかをほむらに任せた後、さやかとの一騎打ちを決意。
「一人ぼっちは寂しいもんな。」
「さやか、一緒に居てやるよ。」
そう言葉を残して、自らのソウルジェムを犠牲にして、さやかの魔女と相打ちになった。

これが大まかな9話。
というか、予想が結構当たってて怖いような・・・;;
今回明らかになったこととして、一番大事なのが、
「なぜQBは魔法少女に勧誘するのか?」
長くなりますがご注意。
QBはこの地球に、魔力エネルギーを回収しにきている。
従来使われてきた熱エネルギーなどは、使用するたびにロスを生じる。どこかに力を余計に使ってしまうわけだ。
しかし、QBの世界の人達は、魔力エネルギーをさまざまな力に変換することが可能になった。
そして、その魔力エネルギーを出す、その瞬間というのが
「魔法少女のソウルジェムが汚れ、グリーフシードとなり、魔女になるとき」である。
そして、その魔力を一番多く出せるのが、「少女」ということらしい。

QBにとって、これは地球人のための計画だった。
数人の犠牲を払うだけで、これから生きていくために必要なエネルギーを作り出せる。
しかし、私達人間にとっては、「その犠牲」を払いたくないのだ。
でもQB達には、そういった感情はない。
「数人の犠牲を払うだけで」。
彼らはそう考えているのだ。

こう考えると、まどかを魔法少女にしたがる理由も頷ける。
QBは、まどかを「最強の魔法少女」になると予想している。
そして、その「最強の魔法少女」が、「最強の魔女」になったとき、
とてつもなく膨大なエネルギーを得ることが出来るからだ。

QBの話はさておき、今回のもう一つのポイントが「杏子の死」。
実はQB、もう腹の中真っ黒である。
「さやかが助かるかもしれないよ」というような思わせぶりな言葉で杏子の心を揺るがせ、
杏子にさやかを助ける決心をさせた。
しかし、本当はその言葉は嘘。魔女になった魔法少女を助けることなど出来ない、とQBは言っていた。
そうやって杏子に嘘をつき、杏子をさやかと相打ちにさせた。
なぜ、QBはこんなことをしたのか?それは「ワルプルギスの夜」。そして、「まどか」に関連している。

「ワルプルギスの夜」には、とてつもない魔女が押し寄せる。
杏子それを一人で倒すことなど出来ない、だからほむらと手を組んで一緒に倒そうとしていると言っていた。
そう、「ワルプルギスの夜」の魔女は「一人では倒せない。」
マミ、さやか、そして杏子を失った今、残っている魔法少女はほむらのみ。
ほむらは「さやかを魔法少女にさせない」という思いがあるが、
このままでは「ほむらはワルプルギスの夜の魔女には勝てない。」
つまり、「まどかを魔法少女にしなければならなくなった」のだ。
そしてその状況をQBが作り出した・・・・・・やめたげてよお!!

9話でQBは完全な悪者になりさがってしまった。
しかし、「QBは悪者と考えているのは人間だけ」なのだ。
QBは人間達のことを考えて、魔法少女――いや、魔女を作り出す道を選んだ。
しかもそれで手に入れたエネルギーは、とても効率が良い。
彼らは、「悪いことをしてやろう、げっへっへ」と思っているのではなく、
「これから役に立つエネルギーはこんなにも効率的に生み出せるんだよ!だから早く魔女になってね!」と思っているのだ。

QBを擁護する気はない。
しかし、QBが諸悪の根源だ!と考えていないことは、上記でわかってもらえたと思う。
「誰も、悪いことをしてやろうとしてこんなことになったわけじゃない。」
ただ、自分を犠牲にしすぎたり、感情に流されてしまったり、他人の気持ちを理解できなかった。それだけなのだ。

これから、ほむらは一人で「ワルプルギスの夜」に立ち向かわないといけない。
その段階で、第1話の初めのシーンにつながるのだと予想している。
また、「上條」はもう出てこないのか、というところも気になる。
さやかが居ないから、まどかに「何か知らないか?」と聞きに来るシーンとかあってもいいかもしれない。
はたして、ほむらは「ワルプルギスの夜の魔女」を倒せるのか。
まどかは魔法少女になってしまうのか。

これからも、魔法少女まどか☆マギカから目が離せない。
=====今はまだ、暗転しておくべきだ=====

ここまで書いたら先を越された・・・これはなんという自己満足記事になったのか。
まぁ感想なんで。悔しくなんかないです;;

「【ネタバレ】魔まマ 9話 個人的感想」への1件の返信

コメントは受け付けていません。