11日から、枝野官房長官がずっと記者会見に出ずっぱりということで、ツイッターではまことしやかにこんなことがささやかれています。

http://twitter.com/#!/meola/status/47204702647091200

「枝野」でツイート検索をかけるとあれよあれよとどんどん枝野官房長官を応援する(主に寝ろ)ツイートが引っ掛かります。

ついにはこんな造語まで。

http://twitter.com/#!/swan2pq5/status/47287465148555264

更に、「#edano_nero」というハッシュタグが作られ、Twitterのトレンドランキングで世界2位を記録し、「#edano_neroとはなんぞ」とウォールストリートジャーナルで記事になり、ワシントン・ポスト紙のページで、「枝野ねろ」と「菅起きろ」ハッシュタグの説明が記事になっている。

ちなみに、「#edano_nero」というハッシュタグは、進化をしている模様。

http://twitter.com/#!/nekooba3/status/47289129926541312

なんだか、枝野さんが総理大臣になったほうが……なんて、意見も多発しています。しかし、役柄上、枝野さんが記者会見を行っているのであって、菅総理は見えないだけで、裏で、一生懸命日本のために動いてくれいてるはずです。……はずです。

一方で、「枝野は当たり前のことをしているだけ」なんて手厳しい意見もでています。確かに。うーむ、難しいところですね・