専門からが、被災地や避難所でも生活において「低体温症」や「エコノミークラス症候群」、高齢者の場合はかぜやインフルエンザに注意する必要があると呼びかけている。

被災地では、厳しい寒さの中で暖房設備も整っていない場合、低体温症になる可能性があり、最悪の場合死亡することがある。

NHKの報道によると、

震えがとまらない、ふらつく、つじつまの合わないことを言い出す

などが主な症状。

対策としては、

衣服がぬれている場合は脱ぎ、乾いた毛布にくるまるなどして保温に努める、水分補給を欠かさないようにする

など。

症状が重い場合は、脇の下や首筋、股の付け根など太い静脈が通っている場所に、最大で42度までのお湯を入れたペットボトルを当てて温めるのも効果的だという。

また、車中で生活したり長時間同じ姿勢をとり続けると「エコノミー症候群」になる恐れがあり、最悪死亡することがある。

対策としては

定期的に水分補給をする、こまめに体を動かす、足首を動かす、自分でできることは自分でする、散歩や体操をする、足の指を動かす、ふくらはぎをもむ、時々深呼吸をする、足を何かの上に上げて寝る

などが効果的。

また避難所ではかぜやインフルエンザが蔓延しやすいため、高齢者は特に注意で、感染予防をしたりなるべく水分を取ることなどが重要だ。

投稿者: ジュピター

2013/3/5:卒業 とりあえずガンダムが大好きなクラフターです。 最近TRPGというものに興味を持っています。