本日3月17日、「マンガ大賞2011」が発表されました!
マンガ大賞とは、「マンガの直木賞」を目指して08年に創設され、日本全国の書店員から協力を得てその年一番のマンガを選出するもので、4回目となる今年は10年1月1日~12月31日にコミックスが出版され、通巻8巻以内のマンガが対象でした。
同日行われる予定だった授賞式は東日本大震災を考慮し、中止となりました。

審査方法は、一時次審査では書店員やタレントなど、マンガ好きの選考委員が選出したマンガを集計して上位10作品をノミネート(今年は同数のため13作品)。
2次審査では93人の委員がノミネート作品を実際に読み、1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位を1ポイントで計算します。

大賞はこちら、75ポイントを獲得した 3月のライオン
羽海野チカ著、ヤングアニマル(白泉社)にて連載中

東京の下町に1人で暮らす17歳の少年・桐山零。彼は幼い頃に事故で家族を失い、心に深い傷を負ったまま、将棋のプロ棋士として孤独な生活を送っていた。 そんな零の前に現れたあかり・ひなた・モモの3姉妹。彼女たちとの交流を深めていくうち、零は失っていたものを少しずつ取り戻していく…。

wikipediaより引用

二位は55ポイント獲得 乙嫁語り
森薫著、fellows!(エンターブレイン)にて連載中

物語の舞台は19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺の草原地帯である。12歳の少年カルルクの元に嫁いできた8歳年上の娘アミルを主人公として、シルクロードに生きる遊牧民と定住民の生活を描く。

wikipediaより引用

三位は51ポイント獲得 アイアムアヒーロー
花沢健吾著、ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中

鈴木英雄。35歳。
漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。
だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?

Amazonより引用

他ノミネート作品10作

作品名(獲得ポイント)
著者、掲載雑誌(出版社)

花のズボラ飯(50)
原作:久住昌之、作画:水沢悦子、Eleganceイブ(秋田書店)

失恋ショコラティエ(47)
水城せとな、flowers(小学館)

さよならもいわずに(42)
上野顕太郎、コミックビーム(エンターブレイン)

進撃の巨人(41)
諫山創、別冊少年マガジン(講談社)

刻刻(38)
堀尾省太、増刊モーニング2(講談社)

ましろのおと(36)
羅川真里茂、月刊少年マガジン(講談社)

ドリフターズ(35)
平野耕太、ヤングキングアワーズ(少年画報社)

ドントクライ、ガール(35)
ヤマシタトモコ、クロフネZERO(リブレ出版)

主に泣いてます(27)
東村アキコ、モーニング(講談社)

SARU(21)
五十嵐大介 、単行本書き下ろし(小学館)

投稿者: ともぞー

2013/3/5:卒業 性根が腐りきってる(薔薇的な意味で)、隠れ報道部員です。 髭と眼鏡と筋肉hshs