ごらんの皆さんも高校か中学で習ったでしょう。

ふと「この式の指数全部2じゃん。」と思ってしまい、「指数を変数にとったらどうなんだ?」なんて2,3週間前思ったので今頃実行。

というわけで指数のaを変数にとって実行。bはって?面倒だから1に固定。

【a=1】もちろん・・・

(0,1)と(1,0)を通る直線。

【a=2】これまたもちろん・・・

原点を中心とする半径1の円。さて、これからが本番。さぁどうなんですかね。というわけで行ってみよう!(www)

【a=3】

・・・・・・・なんだよこれ!(円+直線)÷2的な発想の・・・。少々ひょうしぬけ。

気を取り直して、

【a=4】今度こそもっと「うぉーーーー!」って言えるようなのでありますように。

・・・・・・・なんだよこれ!(円+正方形)÷2的な発想の・・・。

この後a=20まで試しましたが、aが奇数ののときは【(円+直線)÷2】,aが偶数のときは【(円+直線)÷2】が交代で登場。

少々欲求不満になりそうな気持ちで終わったゼーガイストでった。

投稿者: ゼーガイスト

2013/3/5:卒業 千里高校44期|総合科学科|もう引退しましたが、なにか(・ω・)?