おはこんばんにちは、ピヨ太です☆

あのボーカロイドがついに、CM進出したようです。問題のCMはこちら。

この「ほっともっと」のCMの最後に流れる「春が来た」を歌っているのがどうやらボーカロイドらしいのです。「初音ミク」なのか、「鏡音リン」なのか、ネットでは議論が交わされた模様です。そして、真相は以下。

ニコニコニュースでは「ほっともっと」のチェーン展開を行う株式会社プレナス(福岡県福岡市)に電話取材を行い、事の真相を確かめた。

まず、同社コミュニケーション室の広報担当者は、CM中の歌声の主は「初音ミクではない」と回答した。では、いったい歌っているのは誰なのか――。

同担当者によると、CMの曲のボーカルパートは「人間の生の声」と「ボーカロイド」をミックスして生成したのだという。そして、そのボーカロイドとは「鏡音リン」なのだった。    (ニコニコニュース「歌っているのは初音ミク? 「ほっともっと」CM、歌声の正体が明らかに」 より引用)

ということで、人間の生の声とのミックスではありますが、ボーカロイドがCMに使用されていたみたいです。

これを機に、ボーカロイドを使ったCMが増えるかもしれませんね。