MSN産経ニュース】より引用

【ソウル=加藤達也】韓国北西部の江華島に近い小島で警戒中の韓国軍海兵隊員が17日未明、仁川国際空港に着陸するため降下中の中国四川省成都発のアシアナ航空旅客機(乗客乗員119人)を北朝鮮軍の航空機と誤認、約10分間、小銃で射撃していたことが18日、分かった。韓国軍当局者が明らかにした。

 軍関係者によると17日午前4時10分ごろ、海兵隊員が航空機のエンジン音に反応、北朝鮮空軍機と思い込み、航空機に向け、射撃したという。小銃の射程圏外で飛行機に被害はなく、射撃に気づいた乗客、乗員はいなかった。

 韓国国防省の調査に対し海兵隊は「民間航空機の規定航路から北側に外れていたため誤認したようだ」としているが、アシアナ航空側は規定航路からの逸脱はなかったと説明しているという。

 海兵隊が駐屯している島は韓国が海上の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)を挟んで北朝鮮側の南端から約1・7キロ。仁川空港までは約33キロの距離にある
―――(以上全文です)―――

旅客機に被害がなくてなによりですわ

投稿者: ゼーガイスト

2013/3/5:卒業 千里高校44期|総合科学科|もう引退しましたが、なにか(・ω・)?