フジテレビの人気番組『笑っていいとも!』が、2012年3月で打ち切りになる可能性があるという。司会者として定評のあるタモリ氏は、番組終了後に日本テレビのバラエティ番組『笑点』の司会者になる方向なのだとか。この件に関してマスコミは「衝撃! いいとも打ち切り タモリ笑点司会者」と報じている。

これはスポーツ新聞『東京スポーツ』が報じたもので、「原因は視聴率の低迷。お役御免となるタモリには、何と「笑点」(日本テレビ系)の司会に起用する話が浮上」と伝えている。確かに、芸能人がスタジオでバカ騒ぎしているだけの『笑っていいとも!』のマンネリ感は否めない。

ウッチャンナンチャンやダウンタウンが出演していた時期のように、スターとなる出演者が少ないのも視聴率低迷の原因なのではないだろうか? なによりも驚きなのは『笑っていいとも!』の打ち切りよりも、タモリの『笑点』の司会者転身である。

視聴者層が年配者と思われる『笑点』の司会者をタモリがすることにより、新しい層の視聴者を取り入れることができるのは確実だ。もし本当に『笑っていいとも!』が打ち切りとなり、タモリが『笑点』の司会者になるのであれば、テレビ業界の新しい時代の幕開けとなりそうだ。

東京スポーツの公式Twitterは「本日の本紙によるとその年、タモリがいいとも降板することは確かです」と断言している。ハッキリと断言されるとちょっとさびしい!? ちなみに、日本テレビの『ヒルナンデス』は9月に打ち切りだという。コレに関してはあまり話題となっていない。

いいともが打ち切りになったら平日の昼は何を見たらいいのでしょうか?
いいともの後に新番組が放送されるなら、それに期待です。