その勢力の大きさや予想された進路から、ネット上では少なからぬ騒ぎを巻き起こした

台風6号。特に今回は、台風6号の「マーゴン」という“アジア名”が掲示板やツイッター

などで連呼され、記憶に残りました。

日本では、発生順に「台風〇号」と呼ばれている台風だが、実は一つ一つに、
“アジア名”と呼ばれる国際的な名前がついています。

では、この“アジア名”いったい誰がどのような基準でつけているのか?

台風の名前を決めているのは、アジアを中心に日本を含む14カ国の政府が参加する
国際防災組織「台風委員会」です。

台風の発生域には米国領海も含まれていることもあり、ハリケーンなどと同じく人名風の

名前をつけていました。

しかし、2000年から北西太平洋・南シナ海で発生した台風のについては、
この「台風委員会」がアジアの言葉で名づけることになりました。

これがいわゆる「アジア名」です。

命名は地域内の28の言語による140の名前をあらかじめに用意し、それを順繰りに使用する方式。

台風は年に25個ほどのペースで発生するので、おおよそ5年で名前が一周する計算になります。

名前のレパートリーは孫悟空から来た「ウーコン」(中国)、花を意味する「ボーファ」(カンボジア)、
嵐の神を指す「イーウィニャ」(ミクロネシア)など、バラエティー豊か。

なお、大きな被害を招いた台風の名前については、別のものに差し替えてその後は使用しません。

今回の「マーゴン(Ma-on)」の名付け親は香港で、同地の「馬鞍山」に由来したものです。

日本語からつけられた名前は「テンビン」「ヤギ」「カジキ」など、すべて星座にちなんでいるようです。

台風と同じく自然界の存在で、人々に親しまれているというのがその理由です。

ちなみに15日にフィリピン沖で発生した、台風7号の名前は日本発の「トカゲ」。

ただし勢力は弱く、翌日には早くも消滅したらしい。

◆リンク◆

J-CASTニュース

外国でハリケーンなどに愛称がついているのは何となく知っていたけれど、

台風にもつけられていることはあまり知りませんでした。日本語でつけた

名前は星座にちなんでいるとありましたが、「トカゲ」座!?そんな、

星座あったのか・・・。「アジア名」。日本ではあまり親しまれていない気がするけれど、

ほかの国では親しまれているのかどうか気になりました。

投稿者: 九日

銀さんと声優杉田智和をこよなく愛するOG。 最近ずっと欲しかった乙女ゲームを購入。 ああ、時間とお金が足りない\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 2014/3/4:卒業

「台風6号「マーゴン」って何語?」への1件の返信

コメントは受け付けていません。