最近、暑い日が続く中、皆さんどうお過ごしでしょうか?
今日は、そんな暑い夏にぴったりのバーを紹介したいと思います。

それがこちらの「銀座 アイスバー東京」です。
こちらのバーは、その名の通り、壁、テーブル、バーカウンター、椅子に至るまで、全て氷でできているバーです。
その氷にもこだわりがあって、全てスウェーデンの北極圏を流れているトルネ川でできた、天然の氷を使用しています。

また、カクテルを注文すると、このようにトルネ川の天然水でできた氷のグラスに入れて、出してくれます。
清涼感たっぷりですね。

飲み終わった氷のグラスは、200円で保冷バッグに入れて、持って帰ることができます。
でも持って帰ったところで、グラスを溶かさないようにして飲むのは、至難の業です。北極圏に住む人なら別ですが。

店内は氷が解けないようにするためにマイナス5度という、極寒の環境に保たれています。
もちろん、店では防寒着のレンタルをしているので、厚着をしていく必要はありません。
ただし、サンダルで来店する人は、靴下を用意しておいたほうがいいでしょう。

店内の氷のアートもなかなかのものです。

料金は3500円で、防寒用ケープと手袋のレンタルに、カクテルまたはソフトドリンクが1杯付いて来ます。
なかなかシビアな値段ですが、店舗の維持費を考えるとこんなものなのでしょうか?

現在、このアイスバーは東京のほかに、スウェーデンのストックホルム、イギリスのロンドン、デンマークのコペンハーゲンなどにあります。
また、スウェーデンのユッカスヤルヴィには、氷でできた、「アイスホテル」(詳しくはこちら)というものもあるそうです。

しかし、こちらのアイスバーは、震災による節電の影響で、9月30日に閉店してしまうそうです。
興味のある方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?
こちらの「アイスバーホームページ」から、予約ができます。

以上、ジュピターでした。

投稿者: ジュピター

2013/3/5:卒業 とりあえずガンダムが大好きなクラフターです。 最近TRPGというものに興味を持っています。