どうも、おはようございます。こんにちは。こんばんは。おやすみなさい。

kagaminです。

今回はふと思いついたので、幼稚園時代からの将来の夢を文集などを見て調べてみました。

 

まずは、幼稚園時代。

僕がどれか、分かりますか?

わかりませんよね、ケーキ屋さんです。

この僕がケーキ屋さんを志していたんです。

驚愕の事実でした。

それにしても、ポケモントレーナーを目指していた人は、今どうしているのでしょうか。

がんばってください!!

 

次は、小学1年生時代。

純粋な心はどこへやら。

小学1年生ですでにテレビゲーム屋さんになりたいみたいです、この子は。

ケーキ屋さんはどうした!

 

次は小学2年生。

これはもう仕事じゃないですね。

前跳び千回、X跳び百回ですか・・・こんどやってみよう。

・・・無理だとは思いますが(笑)

 

お次は1年飛んで小学4年生。

さて・・・どうしたものやら。

ケーキ屋さんからテレビゲーム屋さんになったのは許しましょう。

でも・・・フリーターって・・・

まさか・・・未来予知!?

いやいやいや・・・怖いなぁ(´・ω・`)

 

続いては小学5年生

よしよし、夢を取り戻したようです。

ですがなぜハテナマークが付いているのでしょう。

そしてさらに突っ込むべき点がありますね。

5年生でがんばったこと、卒業式の練習てwwwww

思いっきり3学期の最後らへんで印象深かったんでしょうね。

もう少しなにかなかったんか!?

 

そして最後に、小学6年生。

将来の夢は、5番の学校の先生、ですね。

決意は揺るがなかったようです。

卓球の「卓」の字を間違えているのはご愛嬌。

それにしても似顔絵似てないな・・・。

 

というわけで、僕の将来の夢を簡単に説明すると、

女の子らしいものが好きでケーキ屋さんになりたかったが

やっぱり男だから・・・という訳でゲームに転向。

ゲームしすぎで勉強しなくてフリーターに。

そんな中運命の出会いが。

小学5年生の時の担任の先生がとてもいい先生だったのでその先生にあこがれ先生を目指し始める。

 

こんな感じですね。

 

昔の自分を振り返ってみるのは恥ずかしさもありますが、やっぱり楽しいです。

みなさんも一度小さい頃の文集や美術の作品など見てみてはいかがでしょうか。

 

ではではヽ(・∀・ )ノ

投稿者: kagamin

千里高校44期OBにして、現在は京都の大学で臨床心理学を勉強している元報道部長。これからはサポートに徹しようと思っていますがコメントはします。 某笑顔動画で自己満足「歌い手」をやったこともあったなぁ。