何でも難しい問題に直面した時は、心が折れそうになったり泣きそうになったりしますよね。

そんな人は是非この記事を読んでください。
http://lifehacking.jp/2012/01/intelligence-is-not-the-problem/
※一部要約
MIT(マサチューセッツ工科大学)を卒業できない学生は今まで見た中で一番難しい問題に直面した時に、どう対処していいのかわからず燃え尽きてしまいます。
それに対し、MITを卒業する学生はその難問に直面した時に、自分の力不足を認めて助けを求めます。彼らは多少の傷ついたプライドなど、頂上からの風景をみるためなら安い対価だと知っているからです。



要するに、難問にぶち当たったときは助けを求めてもいいんだよ。
ということだと思います。 

自分は人にあまり頼りたくない精神の人間なのですが、こういう考え方もいいと思いました。



この記事の考え方は終わりよければすべて良し。という考え方も含んでいるので、全てをカンペキにしたい。という人には合わないかもしれませんが、その精神のせいでつまずいている人は特に参考にしてはいかがでしょうか。

投稿者: 矢野ヒカル

45期でした。 卒業しても愛さえあれば報道部にいても大丈夫だよねっ! 2014/3/4:卒業