だいぶ遅れてしまいましたが、こちらの続きです。

というわけで今回は城崎温泉街です。

川の中には鯉がたくさんいました。

街中には温泉街というだけあって、いたるところに足湯処がありました。もちろん無料では入れます。

こちらは小説「城の崎にて」で作者の志賀直哉が実際に止まった宿屋「三木屋」です。今でも宿泊できます。

こちらは城崎温泉の元湯です。触るととても熱い!

冬といえばかにですね!市場にもたくさんおいてありました。しかし地物というだけあって高い!

街中にはこんなお店もありました。

六角形のお箸、宝石入りのお箸、無料で名前を入れてくれるお箸など様々なものが売っていました。

お店の一角には嫌い箸(マナーの悪い箸の使い方)が張ってありました。




天気はあいにくの雨でしたが、とても楽しめました。

以上です。
続く!

投稿者: ジュピター

2013/3/5:卒業 とりあえずガンダムが大好きなクラフターです。 最近TRPGというものに興味を持っています。