チャイナネットによると
米国は、「神の杖」を含む多種の宇宙兵器の研究・開発を始めている。宇宙プラットホームに小型推進ロケットを装着した直径30センチ、長さ6.1メートル、重さ100キロのタングステン、チタン或いはウランの金属棒を搭載するという計画で、衛星の誘導で地球上のすべてのターゲットを攻撃することができる。
とのこと。
また、この兵器から放たれた金属棒は時速1万1587キロで急降下し、その威力は原子力兵器にも引けを取らないという。

またSF映画に出てきそうな兵器が出てきましたね。ガンダム好きの私には棒状の落下物というとコロニー落としを髣髴とさせるものがありますが、できればつくようなことにはなって欲しくないですね・・・・

■ソース:http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-02/29/content_24764307.htm

投稿者: ジュピター

2013/3/5:卒業 とりあえずガンダムが大好きなクラフターです。 最近TRPGというものに興味を持っています。