群馬県藤岡市の関越自動車道で46人死傷の高速ツアーバス事故で事故を起こしたバス会社の社長が、事業用に登録した複数のバスについて客席のシートベルトが壊れたまま放置されていたことが、国土交通省関東運輸局の特別監査により分かりました。

って、え…?

怖いですよおおお!!

運輸局は、ずさんな運行・労務管理に加え、車両の管理にも問題があったとみて調べているそうですが…

普通に問題ありまくりじゃないですかね!?

国交省によると、高速道路を走行するバスは全座席にシートベルトを設置するよう、道路運送車両法の保安基準で義務付けられている。

また、1年ごとの定期点検で、壊 れていないか確認する。

そして、点検後に壊れた場合も修理するまではバスを運行させてはならず、違反すると整備不良で1台につき使用停止10日間の行政処分を受ける こともあるんだと。

 

ふむふむ…

運輸局が同社所有の18台(事故車両除く)の一部を調べたところ、安全に装着できない状態のシートベルトが複数のバスで見つかった、ですと…?

事故を起こしたバスでも壊れていたとの情報があり、社長は6日の記者会見で、「昨年初めの点検では壊れていなかった。事故直前に壊れていたかどうかは確認していない」と述べたそうです。

 

おい。

運行前に一回一回ちゃんと確認しましょうや。

こんなことがあると思うと、乗るの躊躇いますわ…

乗るほうも、気をつけたほうがいいですね

 

元記事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120507-00000105-mai-soci

投稿者: 闇猫

Ah- 回って 回って 回り疲れて 。。