すみません。思いっきりスベりました。

 

さて、今日は何の日でしょう。知っている人ー。

そうですね。今日は母の日です。

でも、何で「母の日」なるものができたのでしょう

知っている人ー。

…え、知ってる?いや、物知りですね。

私は全く知らなかったので、少し調べてみました。

 

母の日の由来は、古代ギリシア時代までさかのぼります。

神々の母、リーアに感謝する祭りから始まったといわれています。

 

そして17世紀イギリス。

イースターの日に伴って、出稼ぎに出ていた人が家に帰ってきて母親と過ごす日

「Mathering Sunday」

が、のちの母の日になりました。

 

20世紀初頭のアメリカ。

アンナ・ジャービスという人が、「母を追悼したい」という願いから、カーネーションを贈ったそうです。

ここでやっとカーネーションの出番ですね。

 

日本では、明治の末期頃から始まりました。

アメリカから伝わったものが、教会を通して、庶民に広まっていったそうです。

 

などなど、国によって由来は違うようですね。

 

ちなみに、カーネーションの花言葉は

「真実の愛」 「情熱」 「愛情」

だそうです(赤の場合)

 

みなさんはもう、お母さんにプレゼントを渡しましたか?

ソース元:http://www.hahanohi.info/origin.html

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い