はい、題名の通りでございます。

そろそろ年末なので、部屋をお片付けしようという方も多いのではないでしょうか。自分もそのうちのひとりです。基本的には、片付けというものは苦手なのですが、放っておいては部屋が汚くなるだけなので、たまにはしなければなりません。
そんなときに、自分が心掛けていることを、いくつか挙げてみます。参考になるかどうか、わかりませんが。
 

1、片付けしようと決意したその日のうちに、一気にやる

特に、わたしみたいに短気なひとは、やる気が持続しません。掃除後のきれいな部屋を想像して、さっさとやってしまえば、あとがラクです。

2、一年以上使用していないものは捨てる

いつか使うかも、と思っていても、結局使わない場合が多いです。それならば、捨ててしまいましょう。それだけで、部屋がすっきりします。
どうしても、ぜったいいつか使うもん、というものがあれば、小さめの箱を用意して、そこに入れておきましょう。

3、いるかいらないか判断できないものは…

捨てるか、そういったもの専用の箱を用意して、そこに入れてしまいましょう。どうすべきか迷っている時間が、もったいないです。

4、気楽に

とりあえず、そのとき(=掃除後)だけでも部屋が片付いているようにしましょう。どうせ、いずれ部屋を散らかしていくことは目に見えています。が、そのときまた、掃除すればいいんです。また散らかしてもいいから、せめて今はキレイにしておきましょう。
これからもキレイさをキープするために、と、いろいろと新しい棚や箱やスペースを準備したりする必要はありません。

5、集中する

テレビ、音楽は禁止。特に、わたしのような怠惰なひとは、要注意。それだけで作業効率が落ち、片付けが面倒に思えてきます。
片付け中に、「あ、こんな漫画もあったなあ」と思いながら、漫画に手を伸ばすのは、よくありません。そこで中断されると、なかなか片付けが終わりませんから。本棚整理は、最後にしましょう。
休憩もほどほどにしましょう。休憩がずるずると長引き、そのまま放置してしまうかもしれませんし。ただ水分補給だけは、忘れないようにしてください。

6、掃除機は案外楽しい

確かに音はうるさいです。でも、片付けのあとには、仕上げに掃除機をかけましょう。使用後、コンセントを収めるスイッチを押すのが、楽しみに思えるのは、わたしだけでしょうか…。
 
いかがですか? 参考になるかならないか、微妙なところですね。

 

画像:http://4.bp.blogspot.com/-jBjiF7gZI7s/UIH5Vhuy9nI/AAAAAAAAGgw/s2REiQClgNI/s1600/oosouji_title.png

投稿者: 奏音

このあいだ、本を大量購入しようとしたら、レジの店員さんに嫌そうな顔をされました。 購入した本を家に配送してもらうことにすると、余計に迷惑そうな顔をされました。 配送のために、住所と名前を書く紙を渡されましたが、ペンは貸してもらえませんでした。 2014/3/5:卒業