今年を振り返ってみると、ふと、思いました。行列に並んだり、一定の場所で長いあいだ待たされることの多い一年だったな、と。
イベント会場の優先権&握手会参加のためにCDを買う列に並んだ回数、3回。コンサートのグッズ販売、2回。どれも、毎回、五時間ほどかかっています。その他にも、アメリカやハワイの空港で、荷物を預けるときの列、手荷物検査を待つ列など…。
長時間列に並んだ経験は、もっと、たくさんあります。思いだしきれません。

というわけで、個人的に、列に並ぶ際、心掛けるべきだと思っていることを、記事にしてみました。

1、荷物は軽めに

長時間待っていると、はじめはラクに持てていた荷物も、だんだんと重く感じられてきます。まあ、これは、床に置くことによって、解決されるんですけどね。

2、食料やおやつ、水分は持っておいたほうがよい

案外、お腹がすいたりします。ただし、あまり多くのものを胃に入れてしまうと、お手洗いに行かなければならなくなってしまいます。なので、抜け出すのが難しい列のときは、注意。

3、暇つぶし必須

スマートフォンをいじる。いっしょに並んでいるひとと会話する。読書をする。音楽を聴く。勉強をする。編み物をする。妄想する。その他にも、時間をつぶす方法は、たくさんあります。じっとしているだけは、つらいです。

4、服装を考える

夏は涼しく、冬はあたたかくしておきましょう。屋外で並ぶ場合、夏は帽子があったほうがいいかもしれません。

5、傘は遠慮して

前後のひとに当たらないように、気を付けてほしいです。雨の中、並んでいて、うしろのひとの傘から漏れ出るしずくに濡らされた経験があるので…。可能ならば、レインコートにしましょう。

6、精神的に覚悟が必要

行列が長ければ長いほど、つらいですが、すべてを達成したあとは、すっきりとします。あせっても、意味がありません。気長に待ちましょう。

7、一般常識を持ちましょう

常識のないひとが、たまに、いるんです。迷惑です。
 

投稿者: 奏音

このあいだ、本を大量購入しようとしたら、レジの店員さんに嫌そうな顔をされました。 購入した本を家に配送してもらうことにすると、余計に迷惑そうな顔をされました。 配送のために、住所と名前を書く紙を渡されましたが、ペンは貸してもらえませんでした。 2014/3/5:卒業