どーも、T.Kです。

冬は自転車に乗っていると風が冷たいですよね。

すると手がかじかんで痛い……なんてことは日常茶飯事です。

しかし通学・通勤は避けて通れない道。

そんなときに便利なグッズが発売されています。

SankeiBizによると、

パールイズミ(東京都墨田区)は「ヒーターグローブ」(サイズS、M、L、XL)を発売した。手先を電熱で温める手袋で、自転車のハンドルが握りやすい立体形状

ヒーターグローブ

とのことで。

はてさてどうやって温めるかというと、

4段階(約40~60度)の温度調整が可能なヒーターとバッテリーを内蔵。

なんと、直で手を温めてくれる仕様。

内蔵ヒーターやバッテリーが手に当たる不快感もなく、しかも装着したまま温度が替えられたりと良い感じです。

気になるお値段は1万6590円とやや高めですが毎日使うなら安いのではないでしょうか。

やった、これで冬の身を切るような冷たい風に抗えるぞ!

 

と思いきや、T.Kは手袋をしない派でしたとさ。

投稿者: T.K

千里高校45期生にして卒業生のT.Kでした。さて、新たな世界へ。 2014/3/4:卒業

「冬に自転車へ乗っていても手が温かい手袋!」への2件の返信

  1. 俺のお母さんは
    「自転車に乗るときに手袋をすると手を擦る摩擦熱で温めれなくて余計に冷たい」って言って
    手袋つけてないけど、これならいいかもしれないなぁ。

  2. 冬場自転車通学は寒いし辛いしで大変で…。手がかじかんじゃって授業のノートがぐちゃぐちゃなんてことも稀にあります。この手袋は欲しいですね…。綺麗なノートのためにも

コメントは受け付けていません。