というわけで、先日(といってもかなり前になりますが)の「関ヶ原ウォーランドに行ってきました(前編)」の後編でございます。

 

忘れた、もしくは前編を閲覧していない方のために、前回の前置きの文を、もういちど。

 

このあいだ、3日間愛知のあたりにいました。さまざまなところに観光に行きましたが、帰り道で寄った『関ヶ原ウォーランド』が特に印象的でした。なので、そこについて、2回に分けて、特集させていただきます。

 

そこで数多く展示されていたのが、次のようなコンクリート製の戦国武将の象。

 

1363494631063

 

 

こんな感じの鉄砲隊もあります。木や草のあいだに潜んでいるので、存在に気が付きにくいです。これ以上に気付きにくい像もたくさんありました。

1363494684020

 

 

ひとりさみしく、ヨガっぽいポーズをとる像もあります。

1363495125083

 

何やら、会議中。

1363495599138

 

 

どうやら馬に乗ってはいけないようです。乗る専用の馬の象が展示してありましたが、写真を撮るのを忘れました。そういえば、乗れる馬の周辺で、男女二組で来た学生が騒いでいた記憶があります。

1363495250489

 

 

ちなみに。

こんな建物があったので、入ってみました。下の方に頭だけちょっと映っているのは、わたしじゃありませんよ。父です。

1363495389617

中はというと…。

はしごがありました。それを上ると、建物の上部にある窓から顔を出すことができます。はい。それだけです。

「にんにん城」の意味が、よくわかりませんね。

右上の方に、忍者っぽい何かがのぞいているので、まさか、それだったりして…。

 

 

以上、関ヶ原ウォーランドについての報告でした。

まだまだ逆の意味での魅力がたくさんあるので、ぜひ機会があれば、訪れてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

投稿者: 奏音

このあいだ、本を大量購入しようとしたら、レジの店員さんに嫌そうな顔をされました。 購入した本を家に配送してもらうことにすると、余計に迷惑そうな顔をされました。 配送のために、住所と名前を書く紙を渡されましたが、ペンは貸してもらえませんでした。 2014/3/5:卒業