狼蘭です。

このシリーズも、ついに十回目を迎えました。

これからも、どんどん続きますので皆さん、見てくださいね。

 

さて、今回紹介するのは、

「このどしゃぶりに日向小町は」(鳥飼否宇著)

h

 

続けて同じ作家さんですが、一応シリーズですので。

 

○作者について

第八回」の記事をご覧ください

 

○作品について

「綾鹿市シリーズ」第7作目

2010年、早川書房(ハヤカワ・ミステリーワールド)より出版

 

○あらすじ

「ルビー」と呼ばれた、もと伝説のバンド「鉄拳」に所属していた男は、怪しげな研究施設に閉じ込められていた。

その一方、「鉄拳」のバンドメンバーは、「ルビーが死んだ」という手紙を研究施設から受け取る。

その手紙に添付されていた暗号のようなものが引っかかり、彼らはルビーの安否を確かめに行く。

が、施設の扉は固くとざされ、入口を探している間にバンドメンバーの一人、「JH」がいなくなってしまい……。

残った「入村」と「ザッポ」は別の入口をさがし、そこから侵入。

しかし、その研究施設は恐ろしいところだった。

 

○感想

この作品、前回紹介した「痙攣的」の中の「廃墟と青空」という章の続きであるから、

最初「鉄拳」だの「ルビー」だのという単語が出てきた時は懐かしいと思い、ワクワクしながら読み進めていたのだけれど……。

中盤から終盤にかけては酷い。グロ&エロでごっちゃごちゃの奇抜すぎる展開で、

「まさに鳥飼作品」という思いと「ちょっと酷すぎる」という憤慨とが湧きあがってくるほどのシチュエーション。

発想自体は興味深いし、いろいろな知識も得られるからいいのだけれど、

ここまで血が流れる作品は見たことがない、というぐらい人がバタバタ死ぬ。

まさか主要人物まで殺してしまうなんて……鳥飼さんオニ!

何が伝えたかったのか、全く分からないぐらい不条理な作品だった。

 

夜中に読むのはやめる方がいいですよ。寒気がして眠れなくなりますから。

 

さて、次はだれの作品を紹介しましょうか。

最近は有栖川有栖さんにはまっているので、彼の作品がいいかもしれませんね。

 

参考元:http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784152091024

http://blogs.yahoo.co.jp/belarbre_820/50181417.html

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い