1469906138_2914fe9a98

 

by Madalena Pestana

明治を生きる貴族は、「物語」という非現実的なものに取りつかれ、狂気に取り込まれていく。

現実を生きる人たちと、幻想を生きる人たち。どれが、誰が本当の世界なのだろうか。

 

今回紹介するのは、「儚い羊たちの祝宴」(米澤穂信著)です。

 

h3新潮社

 

h2新潮社文庫

 

作者について

米澤穂信(1978年~)

2001年、『氷菓』で角川学園小説大賞を受賞し、デビュー。

その後、『インシテミル』で2008年、第八回本格ミステリ大賞、

2001年、『折れた竜骨』で第六十四回日本推理小説協会賞を受賞。

 

2012年、『氷菓』(古典部シリーズ)が京都アニメーションよりアニメ化、

また、『月刊少年エース』に、よしだもろへ作画で連載されている。

 

作品について

2007年より、「小説新潮」にて連載。

2008年、連載された4編と、書き下ろしの1編を加えて新潮社より出版。

2011年、同じく新潮社文庫より文庫化。

 

あらすじ

上流階級の女子大生達が集う読書会、「バベルの会」。

その会に集う女性たち、または周囲の関係者達がかかわる、惨劇と恐怖。

最後の一行で、世界は変わる……。

短編集。

収録作品:身内に不幸がありまして/北の館の罪人/山荘秘聞/玉野五十鈴の誉れ/儚い羊たちの晩餐

 

感想

一言でいえば、キョウキ。狂気でもあり驚喜でもあり……。

「山荘秘聞」はまだ、そのどんでん返しに驚くだけの話であるから、そんなに怖くもない。

けれど、後の四つはぞっとするような話ばかり。

最後の一行でどんでん返しが分かるのだけれど、まさか、そんな……というラストばかりで。

随所にちりばめられた伏線が、また恐怖をかきたてる。

私は、「玉野五十鈴の誉れ」が一番怖い。

人の忠誠心と言うものは、かくも暴走するものなのか、という恐ろしい話である。

夜中に読むのは、出来るだけ避けたいものだ。

 

ホラーが苦手な人は、やめた方がいいような気がしますが。

古典的ミステリが好きな人なら、楽しめると思います。

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い