t1

by tony

 

「あのトカトントンの幻聴は、虚無をさえ打ち壊してしまうのです」

トカトントンと鳴り響く音は、幻聴なのか、はたして本当に……。

 

今回紹介するのは、「トカトントン」(太宰治著)です。

t3新潮社

 

t2全国学校図書協議会

 

 

○作者について

太宰治(1909年~1948年)

青森県出身

1935年、『逆行』を雑誌「文藝」に発表。この時第一回芥川賞候補に挙がったが、川端康成に酷評され受賞を逃す。

1938年、結婚。このとき『富嶽百景』『走れメロス』などの代表作を残す。

1948年、愛人と入水自殺。遺書には、「小説を書くのが嫌になった」という旨のことが記載されていた。

死体は、太宰の誕生日の6月19日に発見され、以来この日は太宰が死の直前書きあげた『桜桃』にちなんで「桜桃忌」と名づけられる。

 

○作品について

1947年、講談社の雑誌、「群像」一月号に掲載。

1950年、新潮社より表題『ヴィヨンの妻』での短編集が出版される。

収録作は『ヴィヨンの妻』 『親友交歓』 『トカトントン』 『父』 『母』 『おさん』 『家庭の幸福』 『桜桃』

 

1996年、全国学校図書協議会より出版

 

青空文庫にも収録されている。

 

 

○あらすじ

ある日、偶然聞いた「トカトントン」という音。

以来、何かやろうと腰を上げると、「トカトントン」とどこからともなく聞こえてくる。

それを聞くたび、やる気がうせ、仕事も手につかない。

そんな郵便局員が、尊敬する作家に当てて書いた音についての相談の手紙の返事とは……?

 

 

○感想

太宰の作品は、「暗い」「死」とかいうキーワードでつながっていると思っている人が多い。

けれど、この作品は少し違う。

人間の愚かさとか、怠けぐせとか、現代人にもつながる話だと思う。

「トカトントン」と言う音を聞くとやる気をなくしてしまう、そんな経験をした人は少ないだろうが、

何かをやろうと腰を上げ、そして何かのきっかけでやる気がしゅんとうせてしまう、そんな経験をした人はいるだろう。

そういうどうしようもない現象について、喝を入れている作家の返事もまたおもしろい。

どこまでも辛口で、しかし真相をついている。

これを読めば、怠け癖も治り、何事にも集中できるようになるに違いない。

 

ダザイストを名乗るには程遠いけれど、私は太宰好きなので、この作品はとても楽しめた。

太宰の作風は、どれもちらちらと暗黒の雲が見えるのだけれど、たまに射す暖かい光と言うのに病みつきになってしまうのである。

 

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い