前編はこちら

 

さて、ここから、は屋内の作品ばかり。

次に訪れたのは、「漆の家」

部屋ごとに、違う色の漆で壁を塗った作品です。

ここは、「黒の部屋」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

白の部屋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

緑の部屋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

漆塗りの雑貨も売られていました。

 

ここで、お弁当タイム。

神社のベンチに座って、弁当を食べていると、猫がよってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

可愛い。やせ細ってましたけど。

 

そこからどんどん坂を降りて、見えてきたのが「Air Diver」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

机やちゃぶ台の上に置かれているしまは、瀬戸内の島の配置とほぼ同じ。

ちゃぶ台の上にあるのが、男木島です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

下から見ると、まるで海に潜っているようにみえます。

だから、「Air Diver」なんですね。

 

そして、この島のメインアート、「男木学校」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

廃校になった「男木小学校・中学校」の教室をつかって、新しい学校を創造しています。

 

まずは、「男木校長」

ドイツの小学生たちが書いたカラスが、部屋中に貼られていて、ところどころ校長のコメントが載っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

次は、「おたのしみ会」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一昔前のディスコみたいなミラーボールから放たれた光に照らされるランドセル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

フットペダルを踏むと、ライトがともったり消えたり。

 

「鏡の部屋」とか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「移動に注意を要する教室」など。

部屋中にゴムが貼られていて、入ったけれど、足が引っかかっけてこけそうになりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

校庭には竪穴式住居とか壁画がありました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

学校をでて、そろそろ疲れてきたのでカフェで一休み。

「乳母車(オンバ)」を作っている工房のとなりをカフェにした、「オンバカフェ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

注文したら、オーダーメイドのオンバを作ってくれるそうです。

一番シンプルなので30000円。

 

ついに最後、港近くの家に設置されている「時の廊下」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

傘の骨が天井から壁から大量に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらの傘は、モーターで回ってました。

 

 

意外と、若い人に人気があったようで、特に若い女性が多く来ていました。

フェリーは満員、たって乗っている人も大勢。

夏は、9月1日まで、

秋は、10月5日から11月4日まで開催されているので、訪れてみてはどうでしょう。

公式サイトはこちら

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い